スポンサーリンク

Episode.41 散歩のコースに動物園

キリンイラスト 徒然おばさんのひとり言
この記事は約1分で読めます。

 久しぶりに動物園に入りました。歩いて10分ほど、いつもの散歩コースから少し外れているけど65歳以上無料とあっては、入らない手はないでしょ。日曜日の昼下がり、園は大勢の家族連れで賑わっています。ベビーカーを押したり、カメラでポーズを取ったり、観覧車のチケット売場に並んだり、そんな中を一人の私はスイスイ通り抜けて、目的のエリアだけ行きます。

 キリン舎、ついに一匹になってしまったキリンの子も今は3歳かな、やはりちょっと寂しそうです。熊本地震の後、実母、実父、義母が続いて亡くなり、腹違いの兄も他県へ貰われて行きました。(オス同士はいずれ縄張り争いをするそう)隣のゾウ舎、もうずいぶん高齢になったけど、仲の良い姉妹で、自由に暮らしています。元気なのはホッキョクグマのマルル、相変わらずお茶目で、観客にボールを投げたり、一人遊びを楽しんだり、人気者です。カピバラのボーツとした横顔を眺め、昼寝のクジャクを起こさないように、コスモス畑の横のベンチに一休みします。風に揺れるコスモス・・・動物エリアの喧騒から離れて、ここは別世界のようです。江津湖の水面を渡る風に乗って、近くの高校ボート部の掛け声が聞こえます。

 リニューアルも含めて、動物の展示のあり方について、今議論がなされているそうです。市民のオアシスであると同時に、生き物たちにも優しい環境が作れたらなと思います。

コメント