スポンサーリンク

Episode.37 台風が来たらキャンプ生活

台風イラスト 徒然おばさんのひとり言
この記事は約1分で読めます。

 何という災害でしょう、お見舞いの言葉も思いつきません。千曲川の辺に住むYさん、水戸のKちゃん、神奈川に引っ越したばかりのTさん、安否は確認したものの、その心境を思うと胸が詰まります。

 最近の災害は異常です。昔から九州は台風のメッカでした。「また来るよ~」食糧を買い込み、懐中電灯、ロウソクの在庫を調べ、家の周りを片付けて雨戸を閉め、「さあ、来るなら来いよ。」なんて言ってたこと、些細なものです。停電してもキャンプ生活を楽しみ、田畑が浸水してもその後の生命力は強く、秋にはちゃんと収穫できたものです。でも今回のような甚大な災害に、人は向き合うことができるのでしょうか。

 キンモクセイが香ります。日本中が右往左往していても、季節は着実に進み、萩がこぼれ咲き、秋バラは日ごとに輝きを増していきます。容赦なく襲う自然の猛威と裏腹な優しさ、奢る人間を許してください。

コメント