スポンサーリンク

Episode.32 ソックスを履いた子猫

猫ソックス 徒然おばさんのひとり言
この記事は約2分で読めます。

 ノラ子三兄妹の三匹目の子猫を保護しました。近所の飼い猫のいるUさんちにずうっとエサをもらいに来ていたので、機会を見て捕らえてもらったのです。最初にノラ親子を発見してから、すでに3ヶ月経っています。ずいぶん大きくなっています。なかなかのイケメンです。(オスでした)キジ柄で胸が白く、四本の足先も白くて、まるでソックスを履いているようです。野良でよくここまで育ったなと思います。標準よりは少し小さいかな・・・Uさんが捕まえるときと、我が家のケージに入れるとき、暴れてちょっと手こずりましたが、すぐに大人しくなってハンモックにうずくまっています。緊張はしているようですが、背中をなでたり、顎の下に手を入れてもされるがままで、爪を出したり、嚙みつく様子はなく、これではすぐに我が家の生活に馴染んでくれそうです。

”食欲もないようだけど、今夜はこのままゆっくりお休み”

 夜中にトイレの砂をかき出すような音で目が覚めました。ガリガリ、ガタガタ、構わず寝ていましたが、明け方ミヤーミヤーと啼きだしてやまないので、とうとう起きて見に行きました。エサがなくなっています。辺りはかき出したトイレ砂が散乱して・・・新しいエサと水を入れてしばらく見ていましたが、泣き止みません。なでると素直に抱かれてきました。あれっ、さみしかったの?とうとう夜が明けるまで抱いているハメになりました。

 こんなに人馴れしてるなんて、もうどこかの家で可愛がられていたの?でもUさんちにご飯貰いに来てたし、白い足もかなり汚れているし、病院で健康診断してもらうと、やはりノミがいたので駆除してもらいました。野良だよねー 今からいい子に育てるよ。

コメント