スポンサーリンク

Episode.20 爽快なウォーキング

川沿いの道 徒然おばさんのひとり言
この記事は約1分で読めます。

白川に架かる橋を歩くリバーウォークに参加しました。熊本市内を流れる一級河川白川に架かる橋には、全国でも珍しい名前が付いています。明午橋、大甲橋、安政橋、長六橋、代継橋・・・そうです、建設された年号が付いているのです。

入梅前のさわやかな一日、約100人はいたでしょうか、川風に吹かれながらのんびり歩くっていいものです。なんとなく顔見知りの人もいれば、初対面の人もいます。隣を歩く人と自然におしゃべりします。天気の話、年金の話、他のウォーキング会のことなどとりとめもなく話しながら歩くと、いつの間にかゴール地点まで来ています。今回は途中日吉神社での休憩を入れて約10km、新しい熊本駅舎前での解散となりました。

熊本ウォーキング協会は月2回ほど、県内のいろんな場所で開催しています。入会してもしなくても自由参加で、予約も必要ないこのゆるい催しは、私にはとても魅力的で、天気が良くて気分良く目覚めた朝、急に思い立って参加したりします。

コメント