スポンサーリンク

リサーチ

本棚の文献

リアル・クローズ

ファッション業界の言葉で「現実性のある服」のこと。1970年頃から使われ始めて、漫画やテレビドラマのタイトル、会社名や店名にも起用されている。

当時のフランス・パリで主流だった「高級仕立て服」の制作。その「高級仕立て服」をする服飾ブランドが「高級既製服」のジャンルに参入。デザイナー物からの普段着への「仕立て」が行われている。「リアル・クローズ」と呼ばれて、その分野が確立している。

ファッションショーなどの奇抜なデザインを、現実的に購入できる価格、着回しできるファッション性として変化、もしくは進化を遂げた服である。

その性質そのままに、日本の普段着へ「リアル・クローズ」するため、流行に影響を与える服になる。

参照データ

リアル・クローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランスのファッション

17世紀以降のフランスで重要な産業とされたのが「ファッション」で、世界への輸出を続ける事によって文化として位置づけられた。フランスの伝統ではない。

「目新しさ」や「現代性」を重視したスタイルが多い。パリで始まったオートクチュールには、オーダーメイドの一点物という意味があり、さらに「高級」と「女性」が関連付けられている。

服を裁縫する以上、全てが一点物になる。

参照データ

フランスのファッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

耽美主義

生活を芸術化して、官能による幸せを求めている様子。それは家具や食器、発行されるメディアや製品にもあって、目に入るもの、手に取るもの、全てが芸術作品と考えれば、比較的容易に連想できる。

参照データ

耽美主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

食器

強食器は調理器具ではないキッチン器具。食卓上で使用する物とすると鍋やホットプレート、鉄板焼きが食器になるため、調理をしない器具とするのが正しい。ただ食卓上でも熱を加えるなどがあるため、区別はとにかく曖昧。

和食におけるお盆や膳、洋食におけるランチョンマットを食器に分類する見た方もある。

和食については、さらに細分化された茶器、酒器の分野がある。洋食にも、ガラス製と陶器製に分けられる食器がある。

参照データ

食器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

観葉植物

紅葉したり枯れたりする植物で、1年を通して緑が生い茂っているのが特徴。古代の人は、長寿や繁栄のシンボルとしていた。

ほとんどが熱帯・亜熱帯の原種で、葉の形状や色が美しいものが多い。古代ギリシャでは「美しさ」を愛でて栽培されたアカンスなどがある。日本でも、江戸時代にはカエデのような樹木から草に至るまでが、美しさの対象とされて、植物の観賞は始まっている。

参照データ

観葉植物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

焙煎

油や水を使わずに食材を乾燥させる加熱のプロセス。加熱にはフライパンや中華鍋、もしくは専用のロースターが使用される。熱を加えて香りを強くしたり、風味を変化させる目的がある。「焼く」という調理法には属さずに、加熱乾燥という調理法になる。焙煎した食品には、ピーナッツバター、茶、コーヒー、チョコレートなどがある。

参照データ

焙煎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ものづくり

1990年代後半から使われるようになった新しい言葉。職人による高度な製造の場合に使われることが多い。似たような言葉で「生産技術」や「製造技術」があるが、これは西洋文明から入ってきたというイメージがある。一方で「ものづくり」は、日本の固有語になる。外来語が多い中で、日本の雰囲気を強く感じる言葉である。

トピック

参照データ

ものづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

財布

金品や貴重品と呼ばれる価値の高い物を「携帯」と「収納」の面から、使い勝手がいいように工夫されている。紙幣に特化した「札入れ」小銭に特化した「小銭入れ」もある。デザインにも「男性用」「女性用」が製品化している。日本では紙幣が流通される以前に、硬貨の中央に穴があり紐を通して持ち運ぶという、携帯と収納に、金品や貴重品の方が特化するという文化が見られていた。

トピック

参照データ

財布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』