カテゴリー
思想の言語化計画

美意識の終焉

不甲斐ない己の未熟さを知った。 「職人」という言葉に憧れて、何度か物作りに励もうかと思った事は、幾度となくあった。そのたびに自分のセンスの無さに嘆いたかのように沈黙して終わる。作品と呼ばれる事を、自分では与えられない。人 […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

ハンドメイドの受難

偽りの充実と貧しさの行方。 アートと呼べるものと、縁遠い生活を送ってきた。そのせいなのか、周りの人が楽しそうに見える。心が乏しくなってしまっていた。心に余裕がなかったんだ。 今から探そうにも、何が良いのか分からない。おま […]

カテゴリー
思想の言語化計画

甦るデザインと意味

メカニズム。 動力、調速、伝達は「時計」の三要素。その真理は、どこにでもあって見つけやすい。車を例にすると、エンジンで作られた動力が、回転する力へと変換され、回転力がタイヤに伝わり車は進む。どうしても好きなものなもんで、 […]

カテゴリー
思想の言語化計画

バカラのメディチ思惑

本当の水晶の行方は? 岩石を構成している鉱物は多種多様に存在する。中でも『石英』と呼ばれている鉱物は、二酸化ケイ素が結晶になったもの。隔てるそれは「より透明度が高いもの」という選定の後に、宝石としての価値を持つ限りなく無 […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

採鉱-Mining

今は、あやふやで分からなくなった部分もあるが、伝えなければならない。そう気持ちが焦るように言葉を選び出す。欠けている部分は、事実を元にした推測と憶測。とにかく物語が先へ進むのなら、偽った過去も良しとしたい。複雑に説いてし […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

帆走-Sailing

山奥で伐採が行われていた。通りかかった私の名は「辻斬り八兵衛」殺せばいい、それだけだった。そうやって逃げ延び、生き延び、齢14年。 小屋を訪れた。男が手に持つ獲物は、ただの鉈。私の腰にあるのは、日の目を見ない「妖刀・村正 […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

農業-Agriculture

ニワトリが鳴いて目覚める朝。いつものように家事を済ませれば、少し暖かい日が昇る。 季節は初夏。田植えの一番乗りは、また私。学校に行く人と、仕事に行く人も見えた。 私は百姓の娘。世間様はよく分からないので、また苗を1つ。 […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

狩猟-Hunting

今日も祈りを捧げていた司祭。何やら騒がしい気配を感じて振り返ると、大男がいた。目の前には吹き出す血しぶき。 「貴方の髭が、赤く染まっていく。まるで、返り血を浴びたように。」 遠のく意識の中で、誰かの背中と初めて聞く声。 […]

カテゴリー
ポエム

永遠の恋人永遠

形作ったものが報われずとも、見届けてくれた人がいる。崩れ去り灰となる時も、貴方は私の目の前に。その存在が確かにあった事は、貴方が証明してくれる。 私は1つだけお願い事をしたい、それがお呪いであっても。今や姿なき灰となった […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

車輪-The Wheel

私は主人の荷物持ちだ。奴隷と呼ばれ売り買いされる人身売買が行われている時代の中。今の日課と言えば運搬を手伝う事。道具や装備として与えられてるものは何もないに等しいかも。ほとんど体1つで仕事をしている。歩く足がついているか […]