スポンサーリンク
掘り起こすユーモア

甦るデザインと意味

メカニズム。 動力、調速、伝達は「時計」の三要素。その真理は、どこにでもあって見つけやすい。車を例にすると、エンジンで作られた動力が、回転する力へと変換され、回転力がタイヤに伝わり車は進む。どうしても好きなものなもんで、なかなか機械から離れられないのですが、三要素を仕事の中に見つける...
2019.03.13
フーミンの物語

ハンドメイドの受難

偽りの充実と貧しさの行方。 アートと呼べるものと、縁遠い生活を送ってきた。そのせいなのか、周りの人が楽しそうに見える。心が乏しくなってしまっていた。心に余裕がなかったんだ。 今から探そうにも、何が良いのか分からない。おまけに、自分の体ひとつで渡り歩いてきたって、いくらで...
2019.03.13
掘り起こすユーモア

美意識の終焉

不甲斐ない己の未熟さを知った。 「職人」という言葉に憧れて、何度か物作りに励もうかと思った事は、幾度となくあった。そのたびに自分のセンスの無さに嘆いたかのように沈黙して終わる。作品と呼ばれる事を、自分では与えられない。人の目に入り、認められて、価値を見い出してくれたなら、作品と呼んで...
2019.03.13
掘り起こすユーモア

偏見と化粧水

「オススメする」と言いますと。 体調を整えようと薬局にいけば、ほとんどがコスメグッズなのに気づいた。街角のショップとして溢れて埋もれていたって事だ。身近な生活の中に注意を傾ける良い機会に恵まれたかもしれない。 化粧水なんて使った事がない、そんな人生を歩んでいる。と言いますと元も子もない...
2019.03.13
フーミンの物語

こだわりの珈琲入門

ブレンドを選んだ訳ですが。 「挽きたてのコーヒー」という文字に、心おどらされてコーヒーショップに入る。上品な雰囲気を味わいながら時間を潰すには格好の場である。今日はどんな香りを楽しもうかという心持ちで、注文カウンターに向かうのが通。今回、注文したコーヒーは「ブレンド」だ。これが、失敗...
2019.03.13
フーミンの物語

仕事の心構えと葛藤劇

曇り空の下で。 天気によって傘を持っていくかどうか、迷っていた昔を思い出した。今思えば気楽な悩みだ。今は人生に迷っている。何でもできる世の中過ぎて選択肢が多すぎて困る。今出そうとしている答えは、運命を握っていると言っていいほど重要だ。今のどんよりとした曇り空に似ている。 とにか...
2019.03.13
掘り起こすユーモア

コレクターの拡大領域

昭和に漂う時代遅れの利用。 リサイクルは心理適に奥深くまで根付かされている。活用や有用、エコであることや、参考となる資料までに根本にリサイクルの概念はあるだろう。その心理を上手く使っているのがレトロだと思う。新品や新製品のはずなのに、どこか懐かしく、古いデザインが採用されていて「無い...
2019.03.13
フーミンの物語

趣味が到達した聖剣伝説

面白い事は自分で決める。 街角で「面白いね」って騒いでいるので覗いてみると、全然そうじゃないって思うんだ。「時代に乗り遅れてしまっているのか私は…。」という苦悩にさいなまれる事もある。人にとっては面白くて、自分にとっては面白くないとするのが染みついていた。それもこれも私が、古き良きを愛してや...
2019.03.13
掘り起こすユーモア

値段以外の財布の価値

色々な人と出逢って過ごす日常ですが、ふとしたタイミングで財布を目にすることがあります。よくみればどれも特徴的で個性的です。財布の役割を考えると、まるで自分の個性を表しているようなポジションに思えます。財布の役割としては、金品の収納と、自分にとって貴重なものを収納して携帯する事です。どこか気持ちの預...
掘り起こすユーモア

積み重ねる交流のロマンス

ひとりで考え事をしていると、ふと独断と偏見になっていると気づく時があります。ひとりで考えているのだから当たり前ですが・・・それは自分だけの宝物だとしまっておいても、しばらくすると交流をしたくなります。誰かに見せようとしてるようです。 生活スタイルによる発明 店が...
スポンサーリンク