スポンサーリンク

Episode.13 ゴーヤのカーテンができる頃

ゴーヤのカーテン 徒然おばさんのひとり言
この記事は約1分で読めます。

今年もゴーヤを植えました。緑のカーテンで少しは涼しくなるし、地球温暖化防止にも貢献出来るし、何よりも食べておいしいでしょ。

4~5年前に苗を買って植えたのが品種は忘れましたが、ふっくらと肉厚で苦味が少なく美味しかったので、1~2個赤く熟すまで残して種を採っておいたのです。それから毎年種を採っては植えての繰り返しです。

沖縄旅行したときのバスガイドさんの話では、スパムとかいう缶詰を合わせた塩味のチャンプル料理が主流だそうですが、私は他に味噌味にしたり、甘辛い佃煮にします。仕上げにゴマと鰹節をたっぷりかけると白いごはんにぴったりです。天ぷらや肉づめ、薄くスライスして塩でしんなりさせ、ポン酢あえもいいですね。結構マヨネーズだって合います。

いつの年だったか、たった2本の苗にあまりにもたくさん次々に実るので、カレンダーに収穫した数を書き込んでいったら100個を超えました。そういう時って近所にお分けしようにも、みんな持ってるんですよね。もちろんスーパーも大安売りです。いくら味を変えても毎日食卓に出すと、家族もうんざりした顔をします。

ついに私は干すことを思いつきました。スライスしてザルに広げて干し、季節が終わった頃水にもどして使いましたが、やはり生とは風味が違いました。

コメント