ブレンドを選んだ訳ですが。


「挽きたてのコーヒー」という文字に、心おどらされてコーヒーショップに入る。上品な雰囲気を味わいながら時間を潰すには格好の場である。今日はどんな香りを楽しもうかという心持ちで、注文カウンターに向かうのが通。今回、注文したコーヒーは「ブレンド」だ。これが、失敗の始まりだった。

コーヒー本

「挽きたてのコーヒー」に、新鮮なイメージと香りを連想した。いい香りは会議や打ち合わせなどで、交渉事を前向きに進ませるのは、大の大人なら分かっている。

とりあえずコーヒー、それはもう当たり前の現代だ。コーヒーを飲まない人にも、とりあえずコーヒー、それぐらい瞬間的な芳香作用とリラクゼーション空間を演出する。「香りだけでも十分だ」というブルジョワの発想が、自適な生活の一部に思えるのが素晴らしい。本当に贅沢でリッチだ。

色々な豆の香りがブレンドされて複雑で、香りは何とも言えない。口にしてみたが苦味も酸味もブレンドされて、味は何とも言えない。次の客は「モカ」を注文していた。良い豆だ。通だね。美味しいんだよね。私はブレンド。良いとも悪いとも言いようがない、ブレンドだから。ちょっと不安になって、ひと口飲むが、香りも味も何とも言えなかった。

ブレンドが、その店の味として、ブレンドする割り合いがあるというのなら、ブレンドの味というのが確立されるが、それ以外は何とも言えない。「うちの店のブレンド」があったとしても、その酸味、苦味のバランスは、また何の品目にも例えようがなく、何とも言えない。

何とも言えない時間を、何とも言えずに過ごしたカフェタイムだった。

モカか、キリマンジャロか。


日本で生活して普通にコーヒーと触れ合っていれば、モカ、キリマンジャロ、ブルーマウンテンは、よく耳にするコーヒー豆の種類。豆じゃなくて、商品名だと思っている人も少なからずいると思うが、問題は、どれが一番いいの?という事に他ならない。恥ずかしながら、幼心に母親に聞いた事があるんです。

銀ポットコーヒー

答えは、はっきり言って分かりませんでした。味を聞いても「酸味が強めで、コクが弱いけど、苦味はある、香りは薄い」なんて意味不明です。美味しいのはどれかと聞いても「淹れ方にもよる、水にもよる」とくれば、お手上げです。

ただひとつ、はっきりとしていたのは、ブルーマウンテンが「バブルの味」という事。昔の日本にはお金が溢れていて、お金に対して何の感謝もなく、味も何も分かってないくせに、ただ高いってだけで「ブルマン」と言う風潮があったようです。そうやって、ブルジョワの気分に浸るという方法ですね。良くも悪くもバブルは弾けましが、その結果がブルジョワの気分を台無しにしないか心配です。

もちろん続きは、現代的な経済事情を踏まえて「モカか、キリマンジャロか」ですが、これに関しては、入念な飲み比べをした経験があります。「同じ状況で同じ水を使って」という具合に、綿密な考察です。その結果は、何を隠そうも平凡な答えで、「どちらでもいい」でした。

ただ、吟味を重ねた甲斐もあって、味の傾向を知り、良く分かった上での、自分に合うのは「モカ」だという、何物にも代えがたい「自分らしさ」を手に入れました。私にとっての「モカの香り」は、懐かしさと、その中で自分に立ち返るような瞬間を醸し出してくれるでしょう。

コーヒー豆の種類と比較

1つ分かれば、あと一緒じゃないか?
雑味がなくてコクがある。
濃い苦味がフレーバーです。

明日の香りはどっちだ?

豆からいこうとは思いませんけど。
バブリーが香る1杯も忘れずに。
こだわりのドリップ見せてもいい。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. くつろぎの空間、安らぎの瞬間とか、くだらなくてしょうがない。なぜなら嗜好的な事と同類になるから。生活していく上で必要のない、タバコやお酒とキャビアと同類。なくても困らない。寝て起きて働く、稼いで消費する、これが簡潔で単純明快な人生だ。もっと言えば、衣、食、住・・・ちょっと、ここでコーヒータイム。

コメントを残す

コメントを残す