徒然おばさんのひとり言

まえがき

日記てふ新しき明日求めけり

近所に住む93才の男性Hさんの作品です。老いても前向きで、未来への意欲に満ち溢れています。残念ながらこれが辞世の句となってしまいました。「ちょっと具合が悪い、風呂に入るとフラフラする。」そう言って受診すると、まさかの癌の告知、そして3ヶ月も待たずに逝ってしまわれました。

どんな人生だったのか、どんな夫でどんな父親だったのか知る由もありませんが、すべてがこの一句に凝縮されているように思われます。

Hさんのような素敵な句は作れませんが、わたしも日々の暮らしのなかの出来事を思いつくままに、ここに綴ってみます。

スポンサーリンク
徒然おばさんのひとり言

Episode.34 新入りと先住の攻防

 先日保護した子猫は天真爛漫、やんちゃで甘えん坊。まだ一週間なのに家中を駆け巡り、隅々まで探検し、何でもおもちゃにし、誰のご飯でも食べ、好きな場所で寝ます。お腹すいたよ、トイレに行きたい、ウンチした、眠いよとまとわりついてミャーミャー。足にスリスリ、膝にゴロゴロ、手指をペロペロ・・・  先住...
徒然おばさんのひとり言

Episode.33 読書を楽しむ「星の王子さま」

 サン・テクジュペリの「星の王子さま」を読み返します。たまたま、社会人大学講座の中の一つでした。原題は「ザ・リトルプリンス」、世界中で訳されている「小さい王子」ですが、日本では「星の王子さま」になっています。ちょっとステキだと思いませんか。それも我が熊本出身の内藤濯(あろう)さんが最初に名付けたん...
徒然おばさんのひとり言

Episode.32 ソックスを履いた子猫

 ノラ子三兄妹の三匹目の子猫を保護しました。近所の飼い猫のいるUさんちにずうっとエサをもらいに来ていたので、機会を見て捕らえてもらったのです。最初にノラ親子を発見してから、すでに3ヶ月経っています。ずいぶん大きくなっています。なかなかのイケメンです。(オスでした)キジ柄で胸が白く、四本の足先も白く...
徒然おばさんのひとり言

Episode.31 劇団四季「キャッツ」の楽しみを発見

 劇団四季の『キャッツ』を観ました。最初に観たのは福岡公演だったので、10年くらい前でしょうか。演出の違いとは言え、随分雰囲気が変わっていました。「あれっ」っていう感じです。もう一度、内容をしっかり受け止めようと意気込んでいたのが、的が外れた思いです。  キャッツ専用劇場とあって、舞台装置が...
徒然おばさんのひとり言

Episode.30 身の回りで起こる過疎化と風潮

 熊本市の高齢化率は25%あまりですが、わたしの住む地域に限って言えば、36%もあります。あまり土地勘のない人にこの数字を言うと、どんな田舎に住んでいるの?とばかりの顔をされます。「田舎じゃないよ、路面電車の終点から約1㎞、1戸建てばかりの高級住宅地だからね。」その1戸建てに子供がいなくて、高齢者...
徒然おばさんのひとり言

Episode.29 廃品回収から溢れた気持ち

 子供会の廃品回収を手伝いました。子供会はあくまでも任意の団体なので、最近は加入しない子どもも多く、会の運営が成り立たず解散した町内もあります。絶対数としての子供の数が少ないのに、その子供たちが当日 サッカーや野球の試合、おけいこの発表会などで欠席し、親や祖父母が手伝いに出てきたりすると、”何のた...
徒然おばさんのひとり言

Episode.28 ハンター猫は今日も標的を見つめている

 我が家の猫がネズミを捕らえてきました。なんかムニャッとしたような声をあげて、身体を低くし、コソコソとベランダから入ってくるときは 何かあります。なに?何持ってるの?と聞いてもスーッと前を通り抜けて、廊下の隅でうずくまっています。前足で抑えているモノ、それは体長5センチ位の生きたネズミです。 ...
徒然おばさんのひとり言

Episode.27 ヒガンバナからのメッセージ

ヒガンバナの群生を見ると、なぜか哀しい気持ちになります。 墓地とかお葬式とかのイメージが浮かぶのは私だけでしょうか。葉っぱを押さえて、先に花だけヌーと伸びる姿が可愛くないし、球根に毒があって、モグラ予防のため 畑の畦道に多く植えられたことが災いしていて、好感度がわかないのかもしれません。 ...
徒然おばさんのひとり言

Episode.26 歓迎される花火

2年ぶりの江津湖の花火大会です。 1978年、第1回火の国まつりにおいて納涼花火大会が江津湖で開催されて以後、ずっと続いていました。当時は3000発程度でしたが、家のベランダから見れるし、打ち上げ台は歩いて5分とあっては、平常心ではいられません。家族みんなワクワク、ソワソワ興奮して、...
徒然おばさんのひとり言

Episode.16 ハチに刺された後の救急外来

今年もハチに刺されました。アシナガバチです。我が庭に住み着いているのは知っているのに油断しました。草取りをしていて、それまで手袋をしていたのにちょっと一息入れたときはずして、つい素手でツツジの枝下に手を入れてしまって、チカッと2発やられました。 応急手当は知っています。すぐ家の中に駆け込んで...
2019.10.02
スポンサーリンク