カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

一輪の薔薇

小さい頃の学校の登下校なんかには、道端には草花を見つける事ができた。そこからのイメージで「薔薇」まで辿り着く事は容易だ。そういう過去があるからいつまでも花を連想してしまっているせいか、外を歩けば「花なんてないな」って思っ […]

カテゴリー
恥ずかしい妄想物語

漁業-Fishing

今ほどの文明もない頃からの手紙を見つけた。 何年前の事から話せばいいのだろう。 知性に恵まれた人間は、時として残酷な結末も招いてきた。ある者は優れた技術を戦いの武器とした。 赤く染まる時も、流れる涙が川となる時も、海は全 […]