フィクション

スポンサーリンク
フィクション

映画の続きをエンジョイ

自分のエンターテイメントは1つや2つじゃない。入れ替わったとか、変わったと思ってる事だって心の奥底にしまってある。平凡な日常に、見て分かるほどの派手さはないけど刺激を浴びている人はいます。
2019.03.30
フィクション

漁業-Fishing

1人称のストーリーの中で、wikipediaの情報が楽しく見れる不思議。日本人が持ちうる浪漫が溢れるジャンルではあるけど、上手く表せているだろうか?気持ち先行中。SEOとしては、どうなんでしょうか。センセーどこ?
2019.03.13
フィクション

車輪-The Wheel

自問自答とか、自信とかを並べてみると、過信とも言える展開に見えてきている。何気ない出来事の、心底に少し触れたんじゃないかと、夢見心地。呼び名って大事だなって思うし、それ何の呼び名?っても思うし、通じるって言葉や文字だけじゃないって思うので素敵なジャズを聴きたい。紳士的な空気ないですか?センセーどこ?答えて。
2019.03.13
フィクション

狩猟-Hunting

その時代に生きているかのように投影していたようだ。飲み切りならぬ、成り切り。人は、何歳まで大冒険をしたいのだろうか。とにかく、いつまでも夢を見ている類の1つである事には間違いない。今のままでも過去に降り立つとしたとしたら、港の船を見に行くと思う。
2019.03.13
フィクション

帆走-Sailing

いつの時代も心を病んでる人がいるという事が改めて分かった。こんな感じかなっていうのが、見えてきたと思ったら、人斬りのエピソードになりました。かっこ良く見える作品は数あるけれど、どれも闇を抱えている。それが自分の古き良き歴史なんだと思うと、ご先祖様はメンヘラだったんじゃないかと推察します。
2019.03.13
フィクション

採鉱-Mining

大きく出るも小さく出るも、そのもの自体に変わりはない。それと等しく本物と言われるものは、決して色褪せはしない。遠慮せずに思うがままのスタイルを表現するというアピール。言い訳と正当化に必死ですけど、何か役に立つこれ?センセーどこ?
2019.03.13
フィクション

ハンドメイドの受難

既製品や共通規格を利用すれば効率がいい。なんの工夫もいらない、それが有益性へ一直線に進める最愛の友だ。人それぞれに感じるものは違うと思う。人口分だけの商品を作っている時間は、毛頭ないものとしないと、探す時間が取れないだろう。何かを探そうと、あくせくしている模索段階に入っている。
2019.03.13
フィクション

こだわりの珈琲入門

くつろぎの空間、安らぎの瞬間とか、くだらなくてしょうがない。なぜなら嗜好的な事と同類になるから。生活していく上で必要のない、タバコやお酒とキャビアと同類。なくても困らない。寝て起きて働く稼いで消費する、これが簡潔な人生。もっと言えば、衣、食、住、単純明快に3つとする方法もありますが何かありますか?
2019.03.13
フィクション

仕事の心構えと葛藤劇

冷静を装い物静かな暮しの中に潜む激情が、自問自答の様式で現れているんじゃないかと思います。文章と芸術的な要素との混在が見受けられるが、そういう風潮にあるって事なんですね。自己満足って言ってもいいですけど、それってそもそもで、認められている分野なの?良いのか悪いのか答えてセンセー、どこ?
2019.03.13
フィクション

趣味が到達した聖剣伝説

フィクションのスタイルだが、ファンタジーの世界とすると、より多くの要素が取り込まれる。仕事が趣味だったり、仕事人間だと言われる状態から自分に立ち返ってみると、何の心配もいらないほどに、やりがいを持っていて、冷静沈着な情熱もあったという証明になる。憧れでしかない英雄になった気分を味わう。
2019.03.13
スポンサーリンク