エッセイ

スポンサーリンク
エッセイ

仕事前のコーヒーの新発見

毎日が充実しているなんて素晴らしい事です。そのためにも、1日のスタートである朝の駆け出しを良くするためには、何をしたら1番いいのか考えました。1日を充実した日にするためには初速も大事だと思いますが、気を張りすぎても良い結果につながるとは言い切れません。
2019.03.13
エッセイ

甦るデザインと意味

どういう仕組みで動いているのか不思議で分解ばかりしていた。思えば誰もが、小さい頃から不思議に対して、原因の追及を自然と行っているのかもしれない。自分の生活と密接に関わり合う事には、解剖図と言わんばかりに細かく詳しくを求めてしまう。ただ、その解剖図が、人それぞれで特徴的だったり、独創的だったり。
2019.03.13
エッセイ

美意識の終焉

はっきりいっていらないって思ってました。若かったから金が全てだった。今も、そういえる。だけど今は、金の中にも色々な味が見えて楽しめるんだ、味わい尽くしたいぜ、隋の奥まで、どろどろにまみれた、腐りかけが一番うまい、とまで言える。成長した。そういう一面から見たらどうだろう?と、未完成建築を見つめてみる。
2019.03.13
エッセイ

偏見と化粧水

女性への贈り物と考えて単純にコスメを思いつく男。あくまでも化粧は、見られるための道具という定義の元では、それを贈られるのは本末転倒する。女の化粧をする姿を見ても、話題にしてもいけない心理は、当たり前に備えているが、再確認という意味でのパーティーへ行こうじゃないか。センセーは今宵どちらに?
2019.03.13
エッセイ

コレクターの拡大領域

自分とは縁遠いと思われるだろうし、そう思う事が多々ある。近寄りがたい原因は、自分のくだらないプライドのせいで失うものがあるかもしれないと、躊躇しているのだと思う。きっかけが、ちょっと的外れな事だったとしても、きっかけとしては十二分に役目を果たしている。あとは自分が役目を果たす番だ。
2019.03.13
エッセイ

値段以外の財布の価値

財布には色々なタイプと色と形状があります。自分の財布を選ぶのも重要ですけど、実際の所で気になるのは、財布の中身の方です。格安の財布だとしても、財布を見た人に伝わるメッセージを探しました。
エッセイ

積み重ねる交流のロマンス

複雑に分解して分かりやすくするのもいいけど、「気持ち」という幼稚な表現のままでも、分かってくれるのか分かるものなのか。結果はどうあれ、とにかく伝わるという事だけは確かだと思う。
エッセイ

観葉植物に臨む初心

植物に対して気を悪くする人と「会った事がない」と言い切れるぐらいに、人間は緑が好きです。自然に溶け込んで雰囲気を作ってくれる観葉植物にスポットを当てました。
2019.03.04
エッセイ

バカラのメディチ思惑

何気ない日常生活の中に入れ込む、一工夫したお洒落。次第に思い始めるんだ。俺ってセンスがいいよね。言いたい!すんごく言いたい!人からされる「いいね」ボタンもいいけど、自分でする「いいよね?」ボタン実装して連打したい!「共感を求む。」的な。意外と有りじゃないすっか?センセー、おなしゃっす!
2019.03.04
エッセイ

ムード至上の精神

実際にはいつやるんだろうっていう、いつまでも雰囲気のままで終わっている事がある。聞いてみるとムードを味わうだけという。何も形にならなくてもいい、何も形にならないままでいい、何も生まないけど、それでいいんだっていう究極の無駄とも言える。それが「ムード」なんだと思う。くだらなさ過ぎて、大体一晩で終わる。
2019.03.04
スポンサーリンク