偏見と化粧水

「オススメする」と言いますと。 体調を整えようと薬局にいけば、ほとんどがコスメグッズなのに気づいた。街角のショップとして溢れて埋もれていたって事だ。身近な生活の中に注意を傾ける良い機会に恵まれたかもしれない。 化粧水なん […]

ムード至上の精神

「マスター、いつもので。」 そういうバーのシーンを想像すると、かっこいい自分と、良い女が惚れてくるイメージでワクワクが止まらない。実際にそうなるんじゃないかって期待できるよね。そうなるんじゃないかと何度かは、紳士な振りを […]

美意識の終焉

不甲斐ない己の未熟さを知った。 「職人」という言葉に憧れて、何度か物作りに励もうかと思った事は、幾度となくあった。そのたびに自分のセンスの無さに嘆いたかのように沈黙して終わる。作品と呼ばれる事を、自分では与えられない。人 […]