スポンサーリンク

バカラのメディチ思惑

ガラス逆さま エッセイ

本当の水晶の行方は?


岩石を構成している鉱物は多種多様に存在する。
中でも『石英』と呼ばれている鉱物は、二酸化ケイ素が結晶になったもの。隔てるそれは「より透明度が高いもの」という選定の後に、宝石としての価値を持つ限りなく無色透明な水晶、クリスタルと呼ばれるようになった。

クリスタル・ガラスの精製


製造者が何を考えていたのか専門外の私には分かりません。ただ、ガラスの主成分があり、より不純物を取り除くような綺麗なものを求める過程の中で、『酸化鉛を加える』なんて。

酸化鉛の含有量は透明度や屈折率をより高くする。それは成分の混合で溶解温度は低下すると思われる。それが見つめるだけで惑わす、反射加工の追及を容易にしたとすると、なぜか頷ける。

既に、光沢のある透明度が、まるで水晶のよう。美しい色彩の光は、無色透明の輝きだと言える物が、数多くあるからだ。俗称が多いため、ここではこう言うが、ダイヤモンドカットに代表する鉱石のカット加工によって、輝きが人工的に作られている事は言うまでもない。

飾るコレクションと収納コレクション


多くを語らなくても、宝石には十分すぎる魅惑がある。惑わせる夜の彼女には、バカラ製で女性を飾ると美しいでしょう。男性ならグラスで語らい、酔いにまかせて本音で話すでしょう。お互いの何を飲み交わそうかという迷い始めは、会う理由としては十分な気がします。

グラスで着飾る今夜の月は、黒い満月
貴方の瞳の中で、本当の水晶を見つけた。

コップが割れて100円ショップに行く人には、飾りとしてでも贈る。
まだ何も分からないガキには、記念品として収納。
価値を知らない者には、いくらあっても足りない。

コメント